亀山助清さんという声優

人間誰しもいつかは死ぬものだ、こう端的に言ってしまうと身も蓋もないと言われそうだが、事実に変わりない。しかも誰しも平等にいつ死ぬかもしれないという可能性の中で生きている、死ぬ気なんて全く無い子供が突如人為的に殺されてしまうなど、現実では良くある話だ。最近だと学校へと通学し、その後姿を見えなくなるまで見ていた母親の目の前で、小学生になったばかりの子供が大型トラックにはねられて死亡する、なんて事件もあったくらいです。そう考えると老衰による逝去ほど良い物はないかもしれません、筆者も自分の両親にはなるべく苦しまずに天寿を全うして欲しい、そう願っているくらいだ。

ですが事故や病気など、いつ降り掛かってくるかもしれない病気に苛まれて治療も及ばず、他界してしまうこともよくある。医療現場、その最前線とも言える集中治療室に入室したことのある人はご存知でしょう、あそこほど死というものを実感させられて、健常な人には見るに耐えない辛い現場だ。自分が健康であることを喜ばなくてはならない、本来ならそれこそ一番尊ぶべきものなのだと、考えさせられたものです。

ただ人の死は親族や身内ならばともかく、一般人よりも知名度の高い方が亡くなるほど大騒ぎをする。中でも芸能人として活躍しているほど騒ぎになる話題もないはずだ。ただ芸能人といってもやはりその人気に差はあり、人知れず無くなっていたという人もいます。例えば知名度的に言えばいくら興味をもつようになった人が増えたとはいっても、人物にまで焦点が行き届きにくい芸能分野といえば声優さんという存在だ。芸能人の中でも裏方側に属している彼らは、ファンにすれば亡くなるほど界隈で受ける衝撃度も大きい。

数年前、長年活躍していた声優さんがまた1人他界したことをご存知でしょうか。くまのプーさんで主人公プーを演じられた声優『亀山助清』という声優が2013年に息を引き取ったことを。

病気による死去

亀山助清という声優を知らない人も多いと思います、正直な話筆者も名前を聞いてすぐにはピンときませんでした。業界についてはそれなりに知識を有している方ですが、必ずしも全体を見渡せるほど有り余っているわけではない。今回の記事を書く際にも調べて、この役をやっていたのかと知った時は流石に驚いたものです。その代表作こそ、先に紹介したくまのプーさんのプーさんなのです。

三代目として

プーさんを演じられていたということですが、日本語版の声優を務めていた亀山さんは何と『三代目』となのだ。つまり、初代と二代、どちらも既に故人となってしまったということになります。これまで最低でも亀山さんを含めて3人はプーさんを演じていたということですが、調べてみると公式的には亀山さんが三代目となっている。今までどんな人がプーさんを演じてきたのかというと、

  • 初代:吉村ようさん【1991年没】
  • 二代目:八代駿さん【2003年没】
  • 三代目:亀山助清さん【2013年没】

このようになっている。

初代の吉村さんがいつから演じられてきたのか、その詳しい年表は少し曖昧になっていて分からないが、二代目後任となった八代駿さんが少なく見積もっても、およそ10年以上はプーさんとして活躍していたことだけは分かります。そんな八代さんも2003年に逝去され、三代目に選ばれたのが亀山さんだったのです。10年間という日本においてディズニーキャラクターの中でも1,2を争う人気を得ているだけあって、大役であったことは間違いないでしょう。

一度でも演じている声を聞けば、もうあのプーさんは戻ってこないのかと途端に寂しくなる人もいるはず。声の印象がガラリと変わって後任を見つけにくい、という側面があるのも声優界ならではだ。

実際のところ

それもそう、現在までにプーさんの後任となるべき声優さんは今現在でも該当する人はいないとして、請け負える人間が選定されていないのだ。難易度的なものもあるでしょうが、キャラクター性を重んじれば不用意に選んでしまっても、イメージが損なわれてしまうため選ぶのが難航しても難しくありません。後を引き継げる人がいれば越したことはないでしょう、けれど該当する人がもし1人もいなければ、今後も音声が遺っている限りは亀山さんが演じる事になります。

これから先もずっとそうなのかは定かではありませんが、もしかしたら完全に声が代替わりする可能性も無きにしも非ずだ。

芸能人としてみれば

亀山さんも長年活躍していた声優さんです、芸歴にしておよそ30年以上活躍していたわけだが、その名前を聞いてもぱっとしないと思われてしまってもしょうがない。声優と通常のタレントや歌手といった、そんな方々と比べれば知名度という面で大きな隔たりが出てしまうものだ。芸能人の中でも個人的に、亡くなって大きすぎる話題を放っていたのは98年に突如として急逝したX JAPANのHideだ。

彼の場合、死去してから密葬することがとり行われていたが、その際にもファンが押し寄せることとなり、一般公開されていないにも関わらず1,000人近い人が集まったのも有名な話です。告別式は中継され、リアルに見送るためにファンが数えきれないほど押し寄せた。野次馬などの数もそうだが、通夜と告別式を合わせて50,000人以上が彼のために集ったという。

これは少し桁が違いすぎる話になりますが、それだけ人気が高かったということでもある。故人を見送るという意味では少々喧騒が過ぎて、中にはあまりの苦しさにファンが病院に担ぎ込まれる事態にまでなったのも、ある種伝説となっている。

病気によって

亀山さんの場合、そこまでの事態にはならなかったが、それでも死亡原因は何だったのかと調べてみると悪性リンパ腫による肺炎によるものだったと言われています。病気で亡くなるというのも辛いものがある、闘病生活の果てに待っているのが永眠となってしまった。ただ声優さんの中にも著名な人であればあるほど、ファンが受ける衝撃も大きい上、それがなお国民的アニメ作品に出演していたというなら、トップニュースとして扱われる程だ。