しっかりとした準備をして、山梨県の実家へと引越しをしました

私は千葉県の船橋市に住んでいたのですが、山梨県の実家に引越しをすることになりました。アパートを引き払うことになり、私は最初にいらないものをできるだけ処分しました。

5年近く暮らしていたアパートにはいらないものが予想以上にありました。不燃ごみも大量に出たので、引越しをする予定日の一ヶ月近く前から、いらないものを仕分けしたり準備をしておいて良かったです。可燃ごみや不燃ごみを捨てれる日を確保するためにも、引越しをするときには早くからごみをまとめておくことが望ましいですね。

私は実際に山梨県に引越しをする3日前には、しっかりと食器や本を段ボールに詰め込んで準備を完了していました。後は当日にこまごまとしたものを準備するだけで、引越しができるようにしておきました。

私が引越しを頼んだ業者はアート引越しセンターです。 山梨県に引越しをする当日には、人当たりが良く若い2人組のマッチョがきました。丁寧な対応にしっかりとした梱包、ベットやテーブルなども効率良く運び出してトラックに積んでいきました。全ての家具を運び終わった後には掃除までしてくれました。

後日、山梨県へと引越しの荷物が運ばれてきたときも、しっかりと家具を所定の位置まで運んでくれました。大きすぎて部屋に入らなかった家具も、ドアの金具を外して上手く入れてくれました。

私はアート引越センターに頼んで、大変満足しました。料金は大きな家具などもあり、8万円程度必要となりましたが、しっかりと仕事をしてくれたので必要経費だと思っています。山梨県にある実家への引越しでは前もった準備の大切さと、良い引越し業者を選ぶ重要さを学びました。